(出典: acidic-underground)

(yukkoからリブログ)
(yukkoからリブログ)

(出典: softwaring)

(yukkoからリブログ)
大人になると「遊ぶ」って言うのが、「飲みに行く」とか「都会で買い物」とかになるじゃん。違うんだよ。俺が求めてるのはそんなんじゃなくて、もっとこう、寒い日に友達の家に集まってダラダラお菓子食べながらスマブラしたりとか、そういうのだよ。そういうのがしたいんだよ俺は。
(kyoukochangからリブログ)
憂鬱な人に言いたいことはただ一つ。 「遠くをごらんなさい」。
憂鬱な人はほとんどみんな、読みすぎなのだ。 人間の眼はこんな近距離を長く見られるようには出来ていないのだ。
(中略)
夜空や水平線をながめている時、眼はまったくくつろぎを得ている。 眼がくつろぎを得る時、思考は自由となり、歩調はいちだんと落ち着いてくる。 前進の緊張がほぐれて、腹の底まで柔らかくなる。 自分のちからで柔らかくしようとしてもだめなのだ。
「幸福論」 著:アラン/訳:神谷幹夫/岩波書店 p.172 (via poochin)
(kyoukochangからリブログ)

hasya226:

しろくて つめたくて あまいもの 。

(hasya226からリブログ)

hasya226:

クレヨンミキサー

(hasya226からリブログ)

■exワーカホリック

ちょっと前まで、IT土方(っぽい雑用係みたいな奴隷)やってた。

勤めてた会社は要するに、とんでもねーブラックだった。

鬱になって辞めた。

半年無職だった。


根深い企業不信に陥って、いまは派遣で働いてる。


ぶっちゃけ今の職場、周りは頭のユルそーなねーちゃんばっかりなんだが、

彼女たちは毎日よく笑って、休みの日を楽しみにしていて、

なんていうか人生をエンジョイしてる感じがする。


彼女達は将来のこと(キャリアパスとかファイナンシャルプランとか)なんて

なんにも考えてなくて、しかも大したスキルもなくて、

実家が資産家なわけでもないんだけど、どこかに行ったり、

欲しい物を買ったり、美味しいご飯を食べたりするのを楽しんで、

友達とたくさん話をして、とてもいい笑顔を見せてくれる。


これはなんだ?

自分が見てきた世界と全然違うじゃないか。

仕事のことがぜんぜん分からなくても自分を責めてない。

「だって社員さんからの説明がないからしょーがないじゃん」

「その時によって違うんだから毎回聞かなきゃわかんないじゃん」


え?


え?同じ事を2回聞いたら殺されるんじゃなかったの?

自分で調べてどうにかしない人間には生存価値がないんじゃなかったの?

知らないこと、分からないことは罪じゃなかったの?

自分の仕事だけ終えて帰るのは非国民じゃなかったの?


めちゃくちゃショックだった。

価値観や考え方が違うってのは、こういうもんなのかと衝撃だった。


いま、自分のキャリアやスキルはどんどん価値が失われてるんだろう。

だけど何か違う世界を見た気がしている。

洗脳が解けたんだろうか。

やっと欝は治ったんだろうか。


いま連休を前に、

「どーせ休んでも何もすることねーしアノ仕事進めといた方がよくね?」

じゃなくて、

「やったあ!連休だよ!何しよう!?みんなは何するの!?」

って気分にやっとなれた。


ああ、自分は死ななくてもよかったんだなあ。

みんなにも楽しい事がありますように。

彼女 - はてな匿名ダイアリー (via mcsgsym, reservoir)

2009-03-31

(via quote-over100notes-jp) (via hikutuo) (via pocomoco) (via darylfranz) (via highlandvalley) (via ingurimonguri) (via itigoppo) (via jyamil) (via 908908) (via precall) (via gen-destino) (via pgtwitter) (via wakuteka) (via hazime1373) (via biggarden) (via meltumb) (via precall) (via fumi-tano) (via orekuma) (via plasticdreams) (via nakko) (via plasticdreams) (via yaruo) (via cajon) (via gkojax) (via nwashy)

(via szkmkt) (via naotake) (via himmelkei) (via hepton-rk) (via k32ru) (via maso-tumb) (via kyoukochang)
(kyoukochangからリブログ)
気まぐれでも、何でもかまわない。
ふと惹かれるものがあったら、計画性を考えないで、パッと、
何でもいいから、そのときやりたいことに手を出してみるといい。
不思議なもので、自分が求めているときには、
それにこたえてくれるものが自然にわかるものだ。
岡本太郎『強く生きる言葉 』P.12 (via lbuki) (via kondot) (via bardiche-side-b) (via nemoi) (via x-117) (via illillill) (via mnmxxx) (via takata-japan) (via iceaqua) (via nochimi) (via fukuku3) (via 1965liar) (via eumma) (via su-te-ru) (via wanderskirt) (via starlik-saay) (via h-murmur-c) (via itokz) (via sunaoo) (via it-shine-reading) (via glasslipids) (via kawabauer) (via kazzxz) (via yskz) (via 0rangeroll) (via zooeysella) (via subdub) (via yellowblog) (via taidoh) (via eternityscape) (via suzukichiyo) (via crniz) (via tyore) (via sadjoh) (via blackwidowrus) (via choccoto) (via hustler4life) (via mnky) (via shinoddddd) (via chelseamix) (via wanderskirt) (via kyoukochang)
(kyoukochangからリブログ)
調べられるものをいちいち覚える必要などない
アルベルト・アインシュタイン - 名言集416 アインシュタイン (via petapeta) (via proto-jp) (via shortcutss) (via subdub) (via onehalf) (via usaginobike) (via lovecake) (via jutememo) (via shiraimo) (via yawarakaatama)
(yawarakaatamaからリブログ)
好きな人に自分を好きになってもらうって、すっごく大変なことだよ。ある意味、奇跡だって思う。でもそれは、相手のしあわせを、純粋に祈る人だけに起こる奇跡なんだよ。
パパとムスメの7日間 (via huckleberryfieldsforever)
(kyoukochangからリブログ)
みんな来た道ばかり気にする。
本当は行き先のほうが大事なんだ。
(kyoukochangからリブログ)
・「願いをかける時には気をつけよう。かなうかもしれないから」という古くからの言い習わしある。
(kyoukochangからリブログ)
人は場に染まる。天才をのぞき、普通の人がトップレベルにいくにはトップレベルにたくさん触れることで、そこで常識とされることに自分が染まってしまうのが一番早い。人はすごいことをやって引き上げられるというより、「こんなの普通でしょ」と思うレベルの底上げによって引き上げられると思う。
(kyoukochangからリブログ)
すぐ幸せになれる、ちょっとしたこと5つ
・ほほえむ
・背筋を伸ばして大股で歩く
・声をあげて笑う
・お茶の時間など、小さな瞬間を楽しむ
・ほかの人に親切にする

毎日の習慣になると幸福になる6つのこと
・祈る
・動物と遊ぶ
・感謝の日記をつける
・楽しい音楽を聴きながら協力しあう
・睡眠を十分にとる
・公園に散歩に出かける

少しがんばると幸せにつながる5つのこと
・運動する
・瞑想する
・ボランティア活動に参加する
・旅行に行く
・乜ッ久する
(kyoukochangからリブログ)